痩せる青汁

痩せる青汁成分〜ユーグレナはどう?パラミロンって?

<痩せる青汁の概要>
青汁を利用して健康的に痩せようという考え方が広まってきています。
青汁は昔は大麦若葉を用いるのが一般的であり、健康目的で栄養補給をバランスよく行えることが目的となっていました。

 

しかし、最近ではダイエット志向が強まっていることを受けて、痩せる青汁が市場で注目されるものになってきています。青汁の成分として大麦若葉以外のものを利用したり、大麦若葉に加えて別の植物を利用したりしているのが痩せる青汁の特徴です。

 

 

痩せる青汁の成分は明日葉、桑の葉、モリンガ、クマザサといったものが基本でしたが、ユーグレナもまた注目を浴びている青汁成分です。これらの植物に共通しているのはダイエット効果を期待できる成分が含まれていることであり、その成分が不足している人の場合には飲むだけでも痩せられるのがメリットして注目されています。

 

 

明日葉の痩せる作用とは

食物繊維やカリウム、カルコンが豊富に含まれていることによります。食物繊維が豊富であることによって便秘解消ができると共に、食べ物からの栄養吸収をゆっくりにすることができるため食後高血糖によってインスリンが分泌され、脂肪を作る働きが生じてしまうのを抑制することに寄与してくれるのです。また、カリウムにより水分の排出が促進されてむくみが解消されると期待できます。カルコンには抗酸化作用があることに加えてセルライトの除去にも効果があるとされているのが特徴です。

 

 

桑の葉の痩せる作用とは

DNJによる部分が最も期待できるものです。DNJは糖分の分解を抑制することができる成分であり、糖分の吸収を遅らせてインスリンの分泌を抑制し、太りにくい状態を作ることができるのです。

 

 

モリンガの痩せる作用とは

豊富な食物繊維や短鎖脂肪酸による部分が大きく、腸内環境の改善を通して便秘解消をもたらしてくれます。また、ダイエットに際してよくあるストレスを緩和できるGABAにも豊富であることからダイエットサポートとして役に立つでしょう。

 

クマザサの痩せる作用とは

クマザサ多糖体による細胞保護効果とフラボノイドによる抗酸化作用によって本来あるべき機能を細胞が担いやすくなり、代謝が活性化されてダイエット効果を期待できます。

 

 

一方、ユーグレナの痩せる作用は独自成分であるパラミロンによります。

 

パラミロンは脂肪吸収を抑える効果があるとされている成分であり、食事による脂肪の摂取量を減らして太りにくくなる効果が期待できます。
他の青汁成分とは違う効果だからこそユーグレナも配合されているとより高いダイエット効果が期待できるでしょう。

 

痩せる青汁を選ぶ際にはパラミロンのダイエット効果を期待するため
ユーグレナが人気です。